読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星とルーンのささやく夜    ~ほしよみゆき~

西洋占星術とルーン、タロット、手相で、人生やさまざまな場面、心の読み解きをいたします。

リジェネレーションの双子座の満月 まだ見ぬ世界へとつきぬけていくために 

ひさびさにラルフ・ブラムの「ルーンの書」を読み返していたら

すごく大切なことが書かれていたことに気づく。

 

たぶん、ちゃんと読んだのは購入した当初の25年前。

そのころは目に入らなかったのだと思う。

ほぼ時を同じくして買った「カルトーッシュカード」は

10年前に古本屋さんに売ってしまったけど

すっかり黄ばんでしまったこのルーンの書だけは、

なぜかずーっと持ち続けている

 

苦しい時期を、一緒に過ごしたからなのかもしれないけど。

f:id:hoshirune:20161212163046j:plain

 ルーンはすべてを知る自己への橋渡しとして使われるものです。

ルーンの神託に頼って、あなたの問題を解決してもらうのではない

映し出す鏡のような存在なのだということ

解決するためのイメージやきっかけ、タイミングなどの手掛かりを与えてくれるけれども、自分で決めて行動を起こすのも自分自身であり、解決すべきは自分なのだと書かれています。

 

ルーンにかぎらず、

占星術も、タロットも、手相などのあらゆる占いやカウンセリングにおいても

同じことが言えるんじゃないかなと思います。

 

あと数日で双子座の満月

土星天王星のイージーなアスペクトの効いたリジェネレーションの満月

もやっとしたなかに

ひとつの完成を迎えそうです。

それは、たった今をかためるものではなく

まだ見ぬ世界へと突き抜けていくための

限界という名の「枠」を壊し

もしかしたら、今までの自分ではありえない

新たな考えを取り入れていくことを示唆しているのかもしれません。

f:id:hoshirune:20161212161551j:plain

そのために壊れるものは壊れていくのかなと思います。

というか、壊れて万歳!!なのだと思うのです。

 

まあ、なんにせよ、

そぎ落として完成!的な満月なのかもしれません。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆ 

ふたご座の満月12月14日(水)は、代々木第三の眼で占います。

時間は15時から21時まで(最終受付20時30分)

JR代々木駅から徒歩3分。共産党ビルの道路を挟んだお向かいです。

 

☆17時から20時までは、ルーン占い講座を行っております。

15時から16時30分、20時30分から21時までは、

現在のところ空いてますので

ぴんと来られた方はぜひどうぞ。

お待ちいただくスペースがないので

ご予約をオススメします。

 

☆2017年【年運スペシャル】鑑定も行っております。

30分以上からとなります。

鑑定シート、ルーンタリスマン付  

f:id:hoshirune:20161212171228j:plain

f:id:hoshirune:20161212170823j:plain

鑑定のお申込みはこちらから↓

【ほしよみゆき】鑑定申込フォーム

twitter.com