読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星とルーンのささやく夜    ~ほしよみゆき~

西洋占星術とルーン、タロット、手相で、人生やさまざまな場面、心の読み解きをいたします。

ルーン文字の源流を探して

私が最初にルーン文字に出会ったのは

高校生の時で、かれこれ30年になります。

最初の出会いは

f:id:hoshirune:20160607170015j:plain

中山星香さんの描かれた「妖精国の騎士」という漫画でした。

ルーンを駆使する魔法使いさんたち。

当時は、ルーン占いはまだ知らなかったので

ただ、この不思議な呪文にあこがれるのみでした。

 

ルーン文字は、古代ゲルマン人によって生み出された文字です。

もちろんこの漫画のように魔法の文字としても有名ですが、

でもでも、実は、

筆記文字として実際に使われていた文字であり、

ラテン文字が普及する前までは、ヨーロッパから西アジアの一部の広い範囲で使われていたそうです。

 

ルーン文字のルーツをひも解くと

古代エジプト文明のヒエログリフに端を発するエトルリア文字の影響を強く受けていたのではないかといわれています。

エトルリアは、古代ヨーロッパの国の一つで現在のイタリア中部あたりに存在した謎の多い。

いろいろ調べても、私が知りたいことがまだ見つからなくて・・・。

 

つい先日、古代オリエント博物館で

「世界の文字の物語」展が開催されているのを知りました。

 

エトルリアについても知りたかったし、

ルーン文字の源流を自分なりに再調査したくて行ってきました。

f:id:hoshirune:20160526121014j:plain

残念ながら、ルーン文字に関する部分の展示については

期待外れだったのですけれど、

エトルリア文字の刻まれた古代のコインを見ることができました。

 

私的にヒットだったのは、

古代メソポタミアの粘土板の書簡

素焼きの粘土板に刻まれた書簡をさらに素焼きの粘土の容器に封印して、届けられていたそうです。

当時のお手紙は重くて壊れやすかったんだ~

 

なぜか、そこがツボでした(笑)

 

それと、古代文字で自分の名前が書けるコーナーがあって

f:id:hoshirune:20160526121018j:plain

f:id:hoshirune:20160526121021j:plain

私の占い師名の「ほしよみゆき」

ライター名「水穂ゆき」

楔形文字ヒエログリフの文字ハンコを探して

押しまくってきました。

これ、私は、楽しかったです。

ルーン文字の源流、見に行ったのに、

ヒエログリフ楔形文字の一覧表欲しくなってしまいました。

 

「世界の文字の物語」

私には、インパクトは薄かったんですけど

なかなかツボにはまる展示でした。

 

ルーン文字の源流については

またいろいろとマニアックな文献を探してみようと思います!

 

☆・・・・・・・・☆

6月の「代々木第三の眼」での鑑定予定

6月10日(金) 12時から21時半

6月24日(金) 12時から19時まで

 

偶然必然

はたまた
必然偶然
 
 今がその時!って
ふっとひらめきのままに
来てくださったら、とってもうれしいです。
 
 
 ☆・・・・・・・・・・・・・・・☆
 
★メニューについて
 
・総合セッション
 
これまで通り、心理カウンセリングを主軸に
西洋占星術
タロット占い
ルーン占い
西洋手相術
を用いた総合セッション
 
 
・総合セッション+ショートヒプノセラピー(要予約)
 
総合セッションに加えて、ヒプノセラピー催眠療法)を併用し
必要のなくなったトラウマや思いを手放したり
こうなりたいという願望を潜在意識に刻んで引き寄せをしたり
 
チャクラヒーリング
リラクゼーションなど
 
さまざまなヒプノセラピーの手法を用いて
「気づき」と「変容」をもたらすよう
 
その時のお客様の状態にあわせたオリジナルプログラムとなっています。
 
代々木第三の眼は、まったくの個室ですので
リラックスしてセッションを受けていただける環境です。
  
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 
 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-12-102
営業時間 12:00-21:30
最寄駅 代々木駅より明治神宮方面へ徒歩3分北参道駅より代々木方面へ徒歩4分
 
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆